So-net無料ブログ作成
検索選択
投票式別成績集計 ブログトップ

2016年は馬単、3連単でプラス収支達成! [投票式別成績集計]

2016年の収支結果

2017トップ2.jpg

◇特選・穴レース/夏競馬/GⅠレース

今年も何とか馬単と3連単がプラスとなりました。
本線軸の単勝も参考買い目にはありませんが、昨年と同様にプラスです。
しかし、穴馬の的中率を考えた場合、単勝のプラス維持にはかなり厳しいものがあります。
亜空間予想では、パドックの状態と馬体重などの直前情報を重視していますが、もし、これを無視して全予想レースを勝負していたら、3連単はマイナスに突入します。
馬単の場合は、それでも1万円ほどプラスになり、穴馬軸の効果が的確に表れています。

反面、複勝、馬連、3連複はほとんどの年でマイナスです。
結局、せっかく穴馬を的中させても2,3着に人気馬が来れば配当がガクンと下がり、採算がとれません。
願わくば、もう少しJRAさんに払戻率を多くしてもらいたいところです。
よって、来年は3連複からも撤退したいと思います。

Ω2016年式別成績

2016seiseki2.jpg
注)表をクリックすると大きなサイズとなります。

◇参考買い目表の見直し
本線軸の的中率がやっと2ケタ台に向上してきたので、3連単の買い目を本線軸集中型に変更します。
また、検討していた押さえ軸からの馬連は、押さえ軸の的中率と馬連の配当を考えた場合、とんとんとなる可能性が高く、あまりメリットがないので参考買い目に加えません。
2017年は馬単、3連単の2種類の式別投票で勝負します。

Ω2017年参考買い目表

2017買い目.jpg     
注)表をクリックすると大きなサイズとなります。

2017年、「亜空間予想」は変わります!
◇この予想をブログで始めてから早いもので7年たちました。
予想に試行錯誤を重ね、なんとなく勝利手順なるものが分かりかけてきたような気がしますが、ドジョウ掬いではないですが、時間の経過とともに少しずつパターンがずれていくように感じています。
いまや騎手や競馬関係者の意識の変化さえも、勝ち馬に影響を与えるのが競馬だと思っています。
複雑怪奇の競馬の勝ち馬を推理予想するのは困難至極ですが、これがまた競馬の醍醐味です。

◇「亜空間予想」は来年度から本格的に「レジまぐ」のサイトに活動の場を移します。
ここでは2頭軸の考え方はなじまないため、別名で予想します。
「レジまぐ」は実力の世界でなので、どこまで活躍できるかわかりませんが、興味のある方は一度覗いてみてください。

◇いつも懲りずに亜空間予想ブログを参考にしていただきありがとうございます。
来年から「亜空間予想」はGⅠレース専門の予想ブログとして再出発します。
今後も、穴馬の亜空間的な魅力をグーンと掘り下げて追及していくつもりです。

◇2017年は2月19日のGⅠ最初のレース「フェブラリーステークス」から亜空間予想スタートです。
これからも「亜空間予想」をよろしくお願いします。
それでは、よいお年をお迎えください。
                       渋川秋治
                         

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

3連単で年間プラス収支達成! [投票式別成績集計]

2015年の収支結果

中山.jpg

◇特選・穴レース/夏競馬/GⅠレース

本年は、なかなかプラスにならない単勝、3連複、3連単がプラスとなり、久々の好成績でした。
なかでも3連単は1月早々に40万近くの大穴を的中し、この年の年間収支をプラス確定するという亜空間予想始まって以来の快進撃でした。

特にこの6年間の予想で気を吐いているのが馬単です。
2010年から2013年の4年間は連続年間プラス収支を達成し、2014年は的中率は下がらなかったものの、配当安から初めてのマイナス収支に甘んじました。

しかし、2015年は千円台であるけれども年間プラス収支に返り咲いています。

夏競馬はいつも苦戦を強いられるのですが、2015年は行って来いの成績で何とか健闘したといって良いでしょう。

毎年苦戦をしているのが馬連です。穴馬を軸にしても人気馬が飛び込んでくると配当がガクンと下がってしまいます。
そんなことから、2016年においては馬連予想から撤退することにしたいと思います。

全予想レース数が106レース、このうち80レースが投票レース、26レースが回避レースとなっています。

回避レースで絡んできたレースは押さえ軸のたった1レースだけなので、ほぼ100%の正解率といって良いと思います。

結局、人気のない穴馬の場合、落ち着きのないチャカチャカ状態や大幅な馬体重増減は決して良いことではないという証明なのかもしれません。

Ω2015年式別成績
2015seiseki1.jpg
注)表をクリックすると大きなサイズとなります。


◇穴馬候補生

2014年は好成績だった穴馬候補生は、単勝はかろうじてプラス維持ですが、複勝はマイナス収支に転落です。

どうも、競馬は数打てば当たるという物でもないようです。
ずいぶん迷惑をかけているような気がする予想なので、2016年からは本予想の方に集中することにして、穴馬候補生は一時休戦することにしたいと思います。

Ω2015年穴馬候補生成績
2015seiseki2.jpg
注1:単勝、複勝それぞれバラ券「100円」で投票した場合の収支です。
注2:表をクリックすると大きなサイズとなります。

2016年で亜空間予想は7年目!
◇この予想をブログで始めてから早いもので6年たちました。

何とか的中率をあげようといろんな予想形態を試してきましたが、予想点数を多くすれば的中率が上がるものでもないことに気づきました。

そこで、2016年は1点集中型の予想に徹したいと思います。
競馬の好きな読者の皆さんはそれぞれ独自の予想形態を持っているので、少しでも的中率のアップの手助けとなるように、3着以内に絡む穴馬を上位印(◎▲注)に抽出したいと思っています。

いつも懲りずに亜空間予想ブログを参考にしていただきありがとうございます。
今後も、穴馬の亜空間的な魅力をグーンと掘り下げて追及していくつもりです。

2016年1月は5日の金杯から亜空間予想スタートです。
これからも「亜空間予想」をよろしくお願いします。
それでは、よいお年をお迎えください。
                       渋川秋治
                         


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

今年は試練の年です! [投票式別成績集計]

Ω昨年の収支結果

◇特選・穴レース

1昨年まで「馬単」については好調な成績の「亜空間予想」でしたが、昨年は残念ながら全ての式別でマイナス収支です。

単勝、複勝、馬連、馬単の的中数はそれほど減少している訳でもないのに、収支は大きなマイナスとなっているのがいつもの年と異なっている点です。

一番大きな理由は、軸馬が正解でも紐馬に人気馬が来たり、とんでもない想定外の穴馬が来たことによる回収率の大幅な低下が原因ですが、やはり昨年は人気馬が強かったのが特に印象に残っています。

せっかく意中の穴馬が来たのに1番人気が必ずと言っていい程絡んでくるという、馬味の少ないレースが多かったような気がします。

年間集計は均一買いを基本としているので、回収率をよくするためには、オッズによって投資額を変えることが一番重要な解決策かもしれません。

Ω2014年式別成績
2014収支.jpg
     注)表をクリックすると大きなサイズとなります。

◇穴馬候補生

何故か穴馬レースの成績は悪いのですが、穴馬候補生の軸馬は頑張ってくれました。
自信のあるレースを穴馬レースに持ってくるのですが、そういうレース程外れてしまうのは皮肉なものです。

1頭軸方式で単勝的中率9%は悪くないような気がします。
収支もバラ券勝負で年間でプラス12,000円程度ですから余裕で遊べそうです。

単勝が安定すれば、馬単、3連単とつながりますから方法によっては何とか出来そうです。
ちょっと力を抜いた穴馬候補生が成績が良いのは良い傾向だと思いますが、自信レースの的中率が向上しないのは自称予想屋としては・・・つまり「お客に儲けさせない予想屋」というところでしょうか。

Ω2014年穴馬候補生成績
2014収支b.jpg
注1:単勝、複勝それぞれバラ券「100円」で投票した場合の収支です。
注2:表をクリックすると大きなサイズとなります。

◇夏競馬

毎年そうですが特に昨年の夏はまともな的中がないという最悪の状態でした。
夏競馬は穴馬分析が全く通用しないし、全く別物としてとらえないと大怪我をします。

夏競馬も競馬の流れを見失わない為に分析は必要なのでやらない訳にはいきませんが、穴馬予想にとってまさにトラウマ状態の憂鬱な季節なのであります。

馬虎レース2.JPG

◇参考買い目表の見直し

従来は配当主義で高配当ばかり狙っていった為に、最近の強い人気馬が多く参戦する競馬では全然役に立ちませんでした。

これからは原点に戻り、軸馬を100%信用する方式に改めようと思います。
また、3連複も軸馬の信頼性が向上すれば狙いやすくなるため、買い目表に復活させたいと思います。

何とか穴馬候補生の勝率を最低限維持し、穴馬レースの勝率向上に繋げたいと思っているので、これからも懲りずに「亜空間予想」を覗いてみてください。
よろしくお願いします。

                       渋川秋治
                         


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

今年は勝負のパターンに大きな変化が・・・ [投票式別成績集計]

Ω今年はどうも調子が悪く、パットしない成績に終わりました。
いつもの分析方法では従来の成績を確保することが難しくなってきたような気がします。

変則開催が日常茶飯事となった現在の競馬では、ワンチャンスを生かしたい穴馬にとって厳しい時代なのかもしれません。

Ω成績集計は年を越しそうですが、まとまり次第報告する予定です。

Ω「亜空間予想」は平成27年1月4日(日)金杯から予想開始します。

Ω本年は人騒がせな予想にもかかわらず、ご訪問、nise、コメント、ありがとうございました。
寒い日が続きます。風邪でもひかれませんように、また、来る年は末永く楽しめる競馬を目指せるよう「亜空間予想」スタッフとして、更なる精進をしたいと思っております。
では、良いお年をお迎えください。

              渋川秋治
                         


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

亜空間予想が昨年に続き「馬単」で年間黒字を達成! [投票式別成績集計]

Ω本年の収支結果

◇夏競馬は大きな見直しが必要・・・。(亜空間予想の話です。)
夏競馬.jpg

◇昨年4月以降、新方式にしてから「馬単」については好調な成績の「亜空間予想」ですが、今年1年の集計結果でも僅かながらプラス収支を達成した。

昨年より4千円程度少ないのは不満ですが、「馬連」で少しですが初めてプラスになったので、まあまあではなかったのじゃないかと自己満足している。

他の式別は、相も変わらず赤字続きで、穴狙いの的中率の低さから、単勝、複勝、3連複の配当安ではまさに「焼け石に水」の状態です。

単勝は下馬評ではかなりの配当でも、確定配当となると半分くらいに下がってしまうのは何とも納得がいかないが、これは穴馬の宿命で、投票数が少し増えただけでガクンと下がるのは致し方ないことか。
本年から単勝、複勝、3連複を対象外としたことは正解だったといえる。

◇問題は3連単ということになるが、驚いたことに、成績表を見ると本線軸の収支がなんとたったの千円程度の赤字で済んでいることだ。

これを見ると、今年は本線軸の信頼度が確実にアップしていると判断できるが、特に今年は「参考買い目表」になかった買い目が多く出現した事を考えると、本線軸を主体とした参考買い目の見直しにより、かなりの効果を上げる事が出来る様な気がする。

ちなみに逃した3連単は、
◯◆注:9,500円
▲◆◎:169,450円
◆◯▲:5,920円
◆注▲:199,150円
◆◎◯:10,620円
◆☆◯:366,580円
◆◎◯:14,310円
◆◎◯:5,240円
◎☆注:6,970円
▲◎☆:5,270円
の10件でおよそ79万円ほどになる。

本線軸、押さえ軸の的中率は当然、好不調により変動は避けられないが、高配当を第一と考えた当初の「参考買い目表」はかなり偏った買い目となっている。
今後の「参考買い目表」の見直しにより、少しは収支が改善されると見込んでいる。

◇次に夏競馬の成績を見てみると、情けないかな本線軸では2回、押さえ軸ではたった1回の的中実績となっている。
その全てが重賞レースで、荒れるレースと踏んだ条件戦等のレースはことごとく惨敗している。
以前も分析したように夏競馬は順当レースが多く、荒れる時は実績度外視の気分屋の穴馬が来て、穴馬予想が専門の「亜空間予想」も全く歯が立たないのが現状だ。

そこで、「亜空間予想」では夏競馬だけ順当派宣言という訳けにはいかないので、この時期だけ厳選した特別レース、重賞レースを重点に予想したいと思っている。

◇同時に予想していた「WIN5傾向予想」と「単複大福帳」は満足な結果が得られないのと、WIN5は難解なレースの分析もしなくてはならないという、かなり重い負担と多くの時間がかかるため、今年限りで予想は終了したいと思っている。

Ω2013年式別成績
2013収支.jpg
◇表をクリックすると大きなサイズとなります。

Ω本当に1年は早いものです。読者の皆さんに叱咤激励され続けてこられた「亜空間予想」ですが、来年はよりいっそうの収益アップを目指して奮戦します。

また、出来るかどうか分かりませんが。競馬場での「亜空間予想」の実戦ルポもいつかはやってみたいと思っています。

来年は午年、いやが上にも力が入りますが、「亜空間予想」は平成26年1月5日(日)金杯から予想開始です。

本年はご訪問、nise、コメント、ありがとうございました。
寒い日が続きます。風邪でもひかれませんように、来る年は読者の皆さんにとって競馬で笑える年となりますように「亜空間予想」スタッフとして、心から祈っております。
では、良いお年をお迎えください。

                       渋川秋治
                         


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

亜空間予想(新予想方式)が馬単で年間収支黒字を達成! [投票式別成績集計]

Ω本年の収支結果

格言:穴軸馬の取り捨てはパドックで決まる!
パドック中山.jpg
◇亜空間予想はパドックの状態を考慮できないので、現場で勝負するときはパドック必見です。

◇3月までの旧予想方式は散々な成績でしたが、4月からの新方式にしてからは的中率も向上し、馬単方式では一昨年に続き黒字達成です。

 新方式では、単勝、複勝、3連複方式は配当が低いため、亜空間予想では撤退することにしたのですが、やはり人気馬の活躍がめざましく、必ず3着には入るというレースがほとんどのため、やむを得ない選択でした。

 成績表を見ると、本線軸の成績が3連単を除きすべて黒字となっていますが、押さえ軸を含めた合計収支をみると馬単を除きすべての式別で赤字です。

 そこで、だったら本線軸だけの予想だけでいいではないかと思いがちですが、競馬の予想では一頭に絞ることのプレッシャーはかなりのものがあり、2頭選んでいるからこそ余裕が生まれ、的中率の向上につながっていると判断しています。

 また、今回は参考買い目の投票枚数を極力少なくしたため軸は的中しているが、押さえ軸からすべてに流していない点(◎△)、馬単では裏馬単を除外している点(◯、▲、◯◎、▲◎)などがあるため、幾たびか悔しくて地団駄を踏んだレースがあります。

 このように絵に描いた餅のようなレースを加えると、投票枚数は増加するものの馬連で2万円、馬単で8万円、3連単で80万円の的中を確保できるという試算が成り立ちます。
更に、パドック注視によるレース回避で無駄な損失を削減できます。

 今後の課題は、とにかく効率的な参考買い目の見直しにつきると思います。
現在、作業進行中のため、年内には有効な買い目を決定する予定です。

 なお、WIN5の傾向予想の成績については、あくまでも傾向予想なので、予想に勝利馬が5レースとも選んであったとしても、現実的には簡単には投票できない枚数になるため集計はしません。

Ω2012年投票成績
ブログ成績2012.jpg
◇表をクリックすると大きなサイズとなります。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

本年の収支結果 [投票式別成績集計]

中央競馬は有馬記念でオルフェーヴル号が4冠を達成したことから、来年に向けてオルフェーヴル号の世界への飛躍が期待される素晴らしい年になりそうです。

 地方競馬では年の瀬レースの東京大賞典で、1番人気のスマートファルコン号がハナ差で順当に勝利して人気馬の鼻息の荒いところを見せつけ、まだまだ人気馬の勢いは衰えそうにありません。

 本当に今年は人気馬が強い競馬を見せてくれた年のような気がします。
ということは、穴馬予想は散々な目にあったという結果の裏返しなのですが・・・。

 毎年恒例の、といっても今年で2回目ですが、本年の収支結果の報告です。
赤字ばかりの収支結果の公表はあまり気が乗らないのですが、将棋の羽生善治名人が某新聞の記事でいっていたように、「スランプも3年続けば実力の内」という言葉を励みとして、へこたれず前向きに考えることにします。

☆伊藤看寿作「けむり詰め」
けむり詰め.jpg
 39枚の駒がけむりのように消え最後は3枚で詰み終わるという詰め将棋の名作
競馬の推理もこの詰め将棋のように一つ一つ消して穴軸馬に到達したいものです。

◇何とか式別のオールマイナスは免れたのですが、不甲斐ない結果となりました。
レースの中には、パドックでの状態が悪く推奨できない予想もあったのですが、計算の上ではブログで公開した予想は全て含まれています。
 そのことを考えると、回避レース分だけマイナスが減るのではと虫のいい算段をしています。

ブログ成績.JPG
◇前日、当日の軸馬予想も約5000円程度のマイナスです。
言い訳がましいですが、公表していないレースで軸馬が勝つこともありますが、公表すればスルリと抜けてしまう事も度々で、業界で予想という商いで頑張っている予想屋さんの気持ちが痛いほど分かります。

◇お騒がせ企画の穴馬3頭の3連単ボックスは一レースも的中せず、無謀な企画だったことを思い知らされましたが、次回は懲りずに穴筋の5頭3連複ボックスで少しでもマイナス分を回収したいと考えています。

◇WIN5はまだ試行的な段階ですが、なかなか手応えのある馬券なので今後も徹底的に挑戦していきたいと思っています。

◇今年も大変な迷惑予想だったと思いますが、飽きずにご訪問ありがとうございました。
2012年辰年は1月4日から予想開始ですが、来年こそは公表予想プラス収支を目指して精進するつもりです。

◇今年は日本ばかりでなく地球上では未曾有と言っていいほどの大災害があり、心も体も折れそうになりがちですが、前向きに物事を考えて、へこたれない頑張りの心で明るく楽しく人生を歩みたいものです。
「へこたれるな日本!」[手(グー)]
 今年もあと僅かですが、良いお年をお迎え下さい。             渋川秋治
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

本年の収支結果 [投票式別成績集計]

◇本年の本格的な予想は4月からの掲載なので、およそ9ヶ月間の収支報告となります。
2010収支.jpg
※成績には今日の軸馬、明日の軸馬の結果は含まれていません。

◇今後の傾向と対策
①穴馬、本気馬とも軸馬としてある程度の実績は上げていると言えるが紐馬がいまいちのため課題多い。
②成績から見ると、的中率の低さから単勝、配当安から馬連、3連復は狙えない式別となる。
③馬単はプラス収支なのでこれだけに絞るのが賢明といえる。
④3連単は魅力あるが、人気馬の善し悪しを十分判断し勝負するレースを選択する必要がある。

☆今回は期間がちょっと短めだったので何とかプラスの式別がありましたが、まるまる1年間となるとどうだったか不安の残るところです。

 今年の的中証明は「うらなりの埋蔵金」に12月末の一日だけ掲載していますが、公表レース以外の的中とか公表していても投票しなかったとかいうのもあって投票成績とは必ずしもリンクしていません。

 来年もこの結果をふまえ、使用に耐えうる予想を提供するつもりですが、「いける」と直感したら自分の勝ち馬検討の参考にして頂きたいと思っています。

◇本年1年間ご訪問、ナイスありがとうございます。
来年も的中率向上を目指してハリキリます。
では馬好き、競馬好きの皆さん、良いお年をお迎え下さい。
大國魂神社酉の市.jpg
☆年の瀬の風物詩、府中「大國魂神社の酉の市」
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

亜空間予想の中間成績と参考買い目 [投票式別成績集計]

☆投票式別の収支にプラスが出てきたので、気をよくして投票成績の中間報告と参考買い目の掲載です。

◇読者の皆さん、いつもご訪問とナイス!ありがとうございます。
予想の特徴、個性を把握して、自分の勝ち馬検討に役立てて下さい。

◆投票式別的中率と収支
単勝:5.8% -3860円  
複勝:28.8% 200円
馬連:5.8% -11150円
馬単:5.8% 11220円
3連復:7.7% -60270円
3連単:3.8% 152020円

〔説〕成績集計は印付予想開始(2010.4.18)から現在までの成績(全予想レース62R)です。
投資額は投票式別1票当たり100円の計算です。
パドックや馬体重等で勝負回避したレースを除けば的中率はもう少し上がります。

 単勝、複勝は本命◎、本気馬◆の成績ですが、軸としては最適ですが頭としては信頼性が薄いことが分かります。

 馬連、3連復は赤字となっていますが、これは配当が低いことと、紐に1~3番人気が来ることが多いために的中率が低くなっていることが原因です。(火元はそもそも当たらないのが原因ですが・・・)

 馬単、3連単はやっと黒字となりましたが、これも馬連、3連復と同様、1~3番人気には注意が必要です。

 この予想は穴予想のため、1~3番人気の来ないレースを厳選して予想しているのですが、今までの実績からすると1~3番人気がかなりのレースで喰い込んできています。

 亜空間予想を利用する際は、1~3番人気が来ると確信したレースの場合は紐として押さえるか、この予想を信用しないことが大切です。

参考買い目
◎穴馬レース
馬連
◎―◯▲注△△(5票)
馬単
◎→◯▲注△△
◯▲注△→◎(9票)
3連復
◎―◯▲注△△―◯▲注△△(10票)
3連単
◎→◯▲注→◯▲
◯▲注→◎→◯▲
◯▲注→◯▲注→◎(14票)

◆本気馬レース
馬連
◆―◎◯▲注△△(6票)
馬単
◆→◎◯▲注△△
◎◯▲注△→◆(11票)
3連復
◆―◎◯▲注△△―◎◯▲注△△(15票)
3連単
◆→◎◯▲→◎◯▲
◎▲注→◆→◎◯▲
◎▲注→◎◯▲→◆(20票)

天候と馬場
 この予想で成果を発揮するのは、やはり晴れの日が多くなっています。
土砂降りや晴れていても不良の馬場の日は、力の余裕のない穴馬にとって過酷な条件となり、致命的なマイナス要因となるのでこのような日は避けることが大切です。

☆予想系ブログなので、当たらなければ賛同を得られないと思いますので、これからも最高配当額の記録更新と年間黒字達成を目指しますので今後ともよろしくお願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
投票式別成績集計 ブログトップ
メッセージを送る